FC2ブログ

Entries

井の頭100祭!「これまでの100年 これからの100年」

今日、明日と荒天の為、井の頭100祭は中止となりました。
今年の5月1日に井の頭恩賜公園は開園100周年を迎えました。
という事で、今日は井の頭の歴史を見ていきたいと思います。
17012201.png
弁財天の附近には、江戸時代の年号が彫られた石橋、石階段、石灯籠などがいろいろあります。

井の頭の石像物群を社会の出来事と共に紹介したいと思います。
17012216a.png
17012217.png
17012218.png
17012219.png

benzaitenmap0122.png

17012202.png

17012203.png
①狛犬一対 明和8年(1771)
 今は弁天堂正面にある狛犬は、かつて石階段の上の参道(⑧⑩の間)にありました。

17012220.png

17012221.png
②水盤 正徳3年(1713)

17012204.png
③石橋 文化14年(1817)
 「一番組 湯屋講中」と刻まれています。江戸庶民も入浴する習慣があり、お風呂屋さんが奇進したことがわかります。

17012205.png
④石燈篭一対 天保4年(1833)
 石灯篭には奇進者の名が台座に刻まれていますが、特に大きく目立つのが、正面に「日本橋」の文字のある石灯篭。
 寄進者七名のうち、伊勢屋伊兵衛、丸屋彦右衛門、丸屋治郎兵衛、遠州屋助三郎の四名は鰹節問屋、乾物屋の商人。
 伊勢屋伊兵衛は、「にんべん」の名で知られる老舗の屋号。

17012224.png
歌川広重「井の頭の池弁財天の社雪の景」天保13年(1842)

17012206.png
⑤辛夷の碑 明治26年(1893)
 江戸は、神田上水、玉川上水の水を飲料水としていただいていました。

kandagawamap.png

 飲用水を運搬する船を取り扱う「深川水船組」が日本橋川に放出される水を汲み、日本橋川を下り、隅田川を渡り、対岸の
 本所・深川の辺りまで運んでいました。

kandagawajyousui.png

 その水を桶に入れ替え、天秤棒で担いで売り歩いたのが、「水屋」「水売り」と呼ばれる人たちでした。
 明治時代後期に近代水道が整備されるまでは、飲み水は「水屋」「水売り」に頼っていました。

mizuya.png

 ⑤辛夷の碑は井の頭池の湧き水が江戸の上水の源であったことを、後世に伝えようと奇進したのではないでしょうか。

17012207.png
⑥水盤 安永4年(1775)

17012208.png
⑦石階段 文政7年(1824)
 弁天堂を背にして、正面にある石階段、右の石に「両」、左の石に「国」の字が刻まれいて、
 両国の人たちが奇進したことがわかります。

17012210.png

17012211.png
⑧紫燈篭一対 慶応元年(1865)
 紫の染物は、高度な技術と長い時間が必要で、とても高価なものでした。
 井の頭の水で布をさらしてできたのが「江戸紫」だと伝えられています。
 「紫燈篭」には、武州五日市、下総船橋、上州高崎など、広域に渡る染物職人・商人の名が刻まれいます。

17012212.png
⑨宇賀神像 明和4年(1767)
 宇賀神像は、人の顔をした蛇がとぐろを巻いた姿です。
 「昔々、松原(世田谷区)の長者夫婦が、井の頭弁財天に願をかけて娘を授かった。首すじに三枚のウロコのあるこの娘は、
 弁天様のようだと評判になるほど美しく成長したのだが、16歳の春、自分は池の主の化身だと告げて池に身を投げ、
 みるみる白蛇に変わってしまった。そして長者夫婦がせめてもの供養にと宇賀神像を作った」・・・白蛇伝説
 平成25年(2013)に弁天堂脇に移設されました。
 もともと宇賀神像は弁天堂正面の高台( ⑩ )石燈篭の隣にある台座(石鳥居の標石)の上にありました。
 台座は明和4年(1767)の石鳥居の標石で、200人余の奇進者の名があります。
 石鳥居は明治維新の神仏分離令により撤去され、石鳥居の上部は明治2年(1869)に池尻の水門にされています。

17012215.png

17012222.png

○宇賀神像台座(石鳥居の標石) 明和4年(1767)
 ⑩石燈篭の隣に宇賀神像台座(石鳥居の標石)があります。
 標石には石鳥居の図が彫られています。

17012223.png
石鳥居は井の頭池の水門(ひょうたん橋)に移されています。

17012213.png
⑩石燈篭一対 文化7年(1811)

17012214.png
⑫宇賀弁財天坐像 元禄12年(1699)
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://soukouogura.blog133.fc2.com/tb.php/575-70faf11b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

 宗 広 SouKou

Author: 宗 広 SouKou
自作品を紹介します!
能面・狂言面・神楽面等も制作!
修復・復元も致します。
根付・帯止も注文承ります。

 【  出  展  予  定  】

12月24日(月)
井の頭公園アートマーケッツ
12時〜16時 雨天時はお休み
井の頭恩賜公園
JR吉祥寺駅より徒歩5分

宗 広 面 根 付

匠 T a k u m i

ART・MRT

井の頭公園 アートマーケッツ

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天 気 予 報

検索フォーム

QRコード

QR